All Categories

COFF会社より開発したオイル加熱醸造システム(oil heating brewhouse system)は、2019年8月に中国で開発特許証明書を取りました。

August 22,2022

COFF会社は2017年から200万元(約4000万円)の研究開発資金を続々と投じてオイル加熱醸造システムの開発に注力しています、2017年11月には初代100L オイル加熱醸造システムを開発できた、エージング試験のために2カ月で設備運行で実施して続きました、オイルヒーター設備の性能についてはより詳しく把握しております。2018年10月には中国国家知識産権局(SIPO)を出願して、2019年8月に国家知識産権局から特許証を取得しました。

图片1_副本
图片2

2018年2月からは、COFF会社は初代100L オイル加熱醸造システムをベースにアップグレードを実施し、第2世代オイル加熱醸造システムへのアップグレードに成功しました。同時に、システムを100L、200L、300L、500L に拡充しました。

图片3_副本

2018年5月に米国の代理業者は、第2世代のオイル加熱醸造システムを使って、米国で代理販売を行い、2BBLオイル加熱醸造システムのサンプルを販売することを決定しました。2019年2月には、米国の代理業者からのフィードバックに基づき、オイル加熱醸造システムの3度目の製品アップグレードを実施した。今回のアップグレードは、デバイスの外観や使用する機能の向上を目的としている。また、2019年10月にはドイツ・ニュルンベルクで開催されるクラフトビールショーに出展され、第3代2BBLオイル加熱醸造システムが好評を博していますので、アメリカの小型家庭用機器販売会社とその場で契約し、後に代理店となりました。

图片4_副本
图片5_副本

2019年のドイツで開催されるクラフトビールショーに続き、現行モデルとなる第4世代のオイル加熱醸造システムのアップグレードが行われることになった、今回のアップグレードは主に省エネ、環境保護の理念を体現しており、糖化鍋、煮沸器、お湯タンクを同時に加熱することができ、個々の加熱が必要な容器を別々に加熱することもできます。

图片6_副本
图片7_副本

オイル加熱醸造システムの強み:

1.スチーム加熱に比べてオイル加熱の効率が20% 高くなります。

2.年間少なくとも使用水量50kLを減らしております。

3.年間電量380KWHを節約しております。

4.モジュール化設計で、スペースを節約しておりまり。

オイル加熱醸造システムの省エネ特性:

1.省エネ: スチーム加熱に比べて電量が低く、蒸気ボイラーの冷却水に水道水を浪費する必要がありません。

2.加熱効率を上げます。 油温を150 ℃に設定する場合、

28℃ ~60 ℃、加熱時間: 20分

60℃ ~80℃、加熱時間: 20分

80℃~100 ℃、加熱時間: 25分

3.加熱が均一で、沸騰強度が高く、直火加熱や電気加熱による一部分で麦汁が破壊されないようにします。


Hot categories

{zzz:qqkf3}