All Categories

COFFブランドは日本市場では100L ~500Lのクラフトビール醸造設備についてのフルセットの成功事例があり、プロジェクトは横浜、長野、福岡にあります。

August 09,2022

COFFブランドは日本市場では100L ~500Lのクラフトビール醸造設備についてのフルセットの成功事例があり、プロジェクトは横浜、長野、福岡にあります。

1. 日本福岡HELLO GOODBYEバー

2022年6月18日に200L発酵槽(fermentor)と200L清酒槽が福岡までに送付されました。日本では200L、300L、500Lのオイル加熱醸造システム(oil heating brewhouse system)がとても大人気で、設備の煮沸効率が高いだけではなく、環境にも優しくて、日本のお客様に好まれています。(www.coffbrewing.com)

图片2_副本

2. 日本長野MALLIKA BREWINGバー

長野のバイヤーは「200Lのオイル加熱醸造システム」既に受注完了、出荷待ちの状態です。出荷前に、システム全体に注水するテストを実施し、設備の稼働状況や安全性を確認しました。COFFのオイル加熱醸造システムは、中国で唯一の特許を取得して、モジュール化、小型化、効率的な加熱、省エネをコンセプトとして設計されています。限られたスペースで、より効率及び省エネルギーを実現するプロの醸造設備を利用者にもたらしています。

今回、長野のお客様からご注文頂いた200Lのオイル加熱醸造システムは200L 糖化ろ過 、200L 煮沸冷却、200Lお湯タンクです。オイル加熱醸造システムはそれぞれのタンクを加熱することができて、3つのタンクを同時に温めることもできます。設備が長野市内にオープンした「MALLIKA BREWING」バーではもうすぐ使用されます。しかも、400L発酵槽、100L清酒槽、100L日本酒ろ過システムも合わせて注文されました。発酵槽や清酒槽内の精醸ビールの容量をより効率的にチェックできるように、液位チューブと液位ストッパーも設置され、利用者が容量の記録も便利です。(www.coffbrewing.com)

图片3_副本

3. 横浜島BRIGHT BLUE BREWINGバー

横浜BRIGHT BLUE BREWINGのオーナーが、2019年に google を通じて連絡が来て、現場の大きさに合わせて平面図を示してくれました。

COFFチームはお客様の要求により3D の場所図面を作成し、ビールの発酵槽が接続する必要があるグリコール冷媒配管がどのように接続されているかを詳細に説明しました。

COFFは常に顧客を第一に考え、心を込めてサービスするというコンセプトは顧客からも認められ、信頼されている。そのため、顧客は500l の蒸気加熱ビールシステムを購入されました。その他、500L発酵槽、蒸気ボイラー、冷却装置などすべてシステムも注文されました、顧客からシステムを受け取ってから3年以上が経過している。

数日前に彼は生産量を増やすためにもっと規模を拡大したくてもっと設備を買いたいと連絡が来ました。これは彼の現場でのワイン造りの写真です、お客様はとても喜んでいます。COFFとして評判がいいということは、とても大切なことですから、今後もお客様のためにもっと頑張っていきます。(www.coffbrewing.com)

图片4_副本

Hot categories